投稿

若葉が教えてくれた令和の生き方!

初夏は野山の草木が萌える新緑の季節

野山一面の若葉を眺めていると自分の心まで清々しく感じる。

その若葉をそっと手で触れてみるととても柔らかい。
柔らかいからこそ、どんどん成長できるんだろう。

もしこれが石のように固くて尖っていたなら、成長できないばかりか、いずれひび割れて壊れてしまう。

だから、成長するには柔らかい方がいい。
誰かと触れ合っても痛くないしね・・・

世の中には、思い通りに行かなかったり、理不尽な事や割り切れない事も多い。

そんな時、固く固く石のように固まってしまうのではなく、柔らかく柔らかく若葉のように周りの環境に合わせる。

平成は固く強くなる事が大人になる事だと教えられたけれど、令和は柔らかく強かに生きる時代のような気がする。

肝心な事は、根っこを伸ばして世界と繋がっていればいい。

令和の生き方を野山の若葉が教えてくれた。
とある初夏の午後。

自分のペースを取り戻そう!

五穀を潤す雨が休息の時を告げている

二十四節気の一つ小満(5月21日頃)に降るまるで穀物の成長を優しく見守っているような暖かな雨を眺めていると、今までの速すぎたペースを自分のペースに戻す事の大切さを教えてくれる。

夢中になって創作や執筆活動をしていると誰もがついついハイペースになってしまう。

実は、僕もその一人だ。

そんな時、僕は休息日を作る。

と言っても全く何もしない訳ではなく、いつものペースをほんの少し緩めるだけだ。

そうする事で、今まで見えていなかったものが見えてくる事がある。

創作や執筆は、単に作業をしている訳ではない。
自分の心がぴくんっと感じたものを捕まえて誰にも見えるように形にしているんだ。

だから、どんな人にも休息は必要。

ただ寝て食べて読書をするだけでも良い。

そうする事で、また違った新しい発見に出会えるような気がする。

大切な事ってね。
いつも見えない所に置かれているんだよ。

さぁ、自分のペースを取り戻そう!

今日は、そんな事をふと思う春と夏との間に降る静かな静かな雨の日。

エッセイを読むという事!

今日は、一日中他人のエッセイを読んでいた。

ブログを運営していると、どうしても書く事がメインになってしまって読む事が疎かになってしまう。

それで、久しぶりにじっくりエッセイを読む事にした訳だ。

おすすめ記事や人気記事、新規の記事まで沢山のエッセイを読んでみたんだけれども、それぞれがそれぞれの記憶の断片と断片を繋ぎ合わせて、人生の中のワンシーンをそこに綴っていた。

誰かの為だとか、自己主張だとかそういうものではなくて、ただ純粋に今の気持ちを書き綴る。

初夏の陽気のようなほんわりとした柔らかな日差しと優しい風がそこから伝わってくる。

もちろんエッセイだから文章を綴っているんだけれども、文章以上の文章を感じるのは、創作にも似たような感覚がエッセイにもあるからなんだろうと思う。

誰かが書いたエッセイという名の心と僕の中の心が絡み合って創り出された感覚・・・

たまには、こうして誰かの心を綴ったエッセイを読むのも悪くない。

言葉の本質を知る!

言葉というものは本当に難しい。

国が違えばその言葉の持っている意味が変わってしまうし、同じ言葉であっても使うタイミングで全く違う意味になったりもする。

1ヶ月程前、僕がこの創作帳ブログの独自ドメイン名とブログ名を考えていた時の事だ。

独自ドメイン名は「creation-book」で、ブログ名は「創作帳」にほぼ決まっていた。
だけど、ブログ名を創作帳にするか創作本にするかでまだ迷っていた。

僕は、図書館や書店に置かれている本のようにしっかりと製本化された本だけではなくて、簡素化された本も含めてもっと広い意味を持たせたかったので、創作帳を第一候補にしていた。

ところが、ここで一つの疑問が持ち上がった。

本を英語に翻訳するとbook。
しかし、文字の意味は理解できてもbookという単語の持っているニュアンス・感覚がどうしても理解できない。

bookという単語が、notebookのように製本化された本以外の帳面やノートにも使われていたからだ。

この感覚的な意味の違いを色々調べてみても、答えはどれも本や書籍ばかりで要領を得ない。

そろそろ創作帳で良いかなと諦めムードが漂い始めた頃、とうとうその答えを見つけた。

それは、bookという言葉の起源にあった。

bookの起源は、ゲルマン祖語bokiz(ブナの木)。
遥か遠い昔、人は情報を書き留め後々利用する為にブナの木を薄く切ってそこに彫り残していた。
それがbookの起源。

だから、bookには予約するという意味も含まれている。

そういう事だったんだと晴れて創作帳ブログをスタートする事ができた。

文字の意味だけでなく、言葉の本質を知る為には、起源を辿る歴史の旅に出てみるのも一つの手段かも知れない・・・

僕の創作の色は無色透明!

僕の創作スタンスを色で言えば、無色透明。
立ち位置で言えば、ゼロの位置を心掛けている。

そうする事でどんな変化にも柔軟に素早く対応できるからだ。

自分がやってみたい事を専門的に深く深く追求して、技術や知識をどんどん高める事も素敵な事だし、それも悪くない。
いずれはそうして行く事になるだろう。

だけども、まだ自分の可能性を追い続けていたい。
一つのものに固めたくないんだ。

だから「僕の創作は無色透明」。
僕の立ち位置は「ゼロの位置」。

例えば、詩で人気のあるのは恋愛詩。
それは知っている。
知ってはいるけれども、敢えて恋愛詩の創作を続けようとは思わない。
続けてしまうと恋愛詩の人になってしまうからだ。

例えば、落書きイラストで人気のあるのは猫。
知ってはいるけれども、敢えて猫イラストの創作を続けようとは思わない。
続けてしまうと猫イラストの人になってしまうからだ。

いつも一つの創作を終えるとゼロの位置にリセットする。
そうしてまたゼロの位置からのスタートを繰り返す。

その先に何が待っているのかは分からない。
でも、きっと今の自分よりももっと大きなしなやかで強い自分に出会えるような気がする。

だから、今日もリセットを繰り返す。

10年後、20年後の大きく成長した自分との出会いを楽しみにしながら・・・

日常モードから創作モードへの切り替えについて!

いざ創作をしようと思い、スマホを取り出したりパソコンの前に座っても中々創作できない時がある。

特に忙しい時や時間がない時は、そういう状況に陥りやすい。

本来は、綺麗なもの美しいものに触れたり感動があれば、スムーズに創作モードへ入る事ができるんだけども、そういう状況もそうそうあるものではない。

それでは、どうすれば日常モードから創作モードへ上手く切り替えができるのか考えてみた。

僕の場合は、どうやら過去にあった出来事や心がぴくんっと動いた記憶を思い出しているとスムーズに創作モードへ切り替えができるみたいだ。

おそらく、創作の時に想像や空想から入っているので、それを体と心が覚えていて条件反射的に切り替えができてるのだと思う。

つまり、行動を起こす時に必ず一つの同じパターンを繰り返すように心掛ける。

そうする事で、日常モードから創作モードへ切り替えるように自分で自分をコントロールできるようになる。
きっと、そういう事なんだろう。

例えば、創作を始める時に1、2分程度目を閉じるとか、ストレッチをしてみるとか・・・

そんな簡単な事でも毎回繰り返していると徐々に習慣化してくるので、気持ちの切り替えには複雑な事よりも簡単ですぐ出来る事を繰り返す事の方がベストだと思う。

日常モードから創作モードへ切り替えるには「創作時に一つの同じパターンを繰り返す」を心掛ける。

場所や時間に関わらず誰にでも出来る方法なので、気持ちの切り替えが上手くできない人は是非試してみて下さいね。

以上、日常モードから創作モードへの切り替え方法でした。

独創的な創作について考えてみた!

創作と創造は、似ているようで微妙に意味が違う。

創作は「 新しいものをつくり出す事」。
創造は「独創的なものをつくり出す事」。

どちらも今までに無かったものを新しくつくり出す事なんだけれど、創造は独創的という意味がより強調されている。

では、独創的とは何か?
他にはない自分独特のオリジナリティ」という意味になる。

創作活動をしていると誰もが独創的な創作に憧れる。
けれども、思考錯誤を繰り返しても中々手に入れられない(簡単に手に入れられないからこそ独創的な創作になる)。

そこで、今回は独創的な創作について少し考えてみた。

僕は、独創的なものは感覚や感性の中からしか生まれないと思っている。
なぜなら、論理的思考から生まれた独創的なものは誰にでもすぐ真似ができてしまうからだ。
そうなると、もはや独創的が独創的ではなくなってしまう。

だから、独創的な創作活動にはイメージがとても大切になってくる。
もっと分かりやすく言うと想像力・空想力が大切になる。

想像力や空想力を磨く為には

①想像・空想する環境を整える。
②論理的なコミュニケーションや既成概念を排除する。

この2つが特に重要。

①想像や空想の世界に集中する為には、自分だけの為に使う時間と場所があると集中しやすくなる。
②コミュニケーションはつい論理的に考えてしまうので、想像・空想中は止めておくのが良いんだけれども、社会的に認められている考え方を正しいと思い込んでいる既成概念はかなり厄介。
社会生活の中にしっかり組み込まれているので、完全にリセットする事は難しい。
それでも、少なくとも正しい正しくないの論理的な判断は持ち込まない方が良いと思う。

自分だけの居心地の良い空間で、自分だけの為に想像・空想をしてみる

それが独創的な創作を生み出す第一歩なのではないかと思うのです。