スキップしてメイン コンテンツに移動

才能の正体について考えてみた!

あの人には、創作の才能がある。
僕には、創作の才能がない。

時々考える。
その才能の正体って一体何なんだろう?

そこで今回は、才能の正体について考えてみた。

辞書で調べると、才能とは「物事を巧みになしうる生まれつきの能力の事」と書いてあるんだけど、これでは抽象的でよく分からないよね。

実は、才能って言うのは自分では判断できないんだよ。

だって、自分で自分に才能があると言うと、それは自己満足という言葉になってしまうから。

他人から才能があると認められて、初めて才能があるって事になるんだよね。

僕の考える創作での才能とは、他人の心を動かす能力の事だと思っている。

他人の心が動かなければ、誰からも評価される事はないからね。

だから、絵が綺麗だとか、文章が上手いだけでは他人からは評価されない。
もっと根底にある説得力のようなものだと思う。

じゃあ、その説得力のようなものとは何なのか?

創作をしている人は分かると思うんだけど、誰も機械的に創作している訳じゃないよね。

そこには、必ず理由があるよね。

その絵を描いた理由・・・
その詩を書いた理由・・・
その写真を撮った理由・・・

この理由が、才能のキモになる部分だと思う。

つまり、創作した作品そのものが問題ではなくて、その裏側にある創作者の心の状態が問題なんだよ。

何をイメージして表現したかったのか?
その創作を始める為の原点。

それは、昔家族と一緒に見た温かな夕陽の情景かもしれないし、恋人と二人で丘の上から見た穏やかな街の風景かも知れない・・・

そうしたものが、閲覧者の心とオーバーラップする。
それが、才能の正体だと僕は思っている。

そんなものは、創作物を見たり、読んだりしただけじゃ分からないって人もいるかも知れないけど、結構分かるもんだよ。

理由があるものと理由がないものとでは、明らかに反応が違うからね。

ただ、ここで注意しなければならないのは、営業や販促や企画の絡んだアクセス数や販売数と才能は切り分けて考えた方が良いと思う。

混同しちゃうと、反応数=才能っていう間違った方向に進んじゃう。

結局、僕の中での才能とは、「創作者の人間性」。

才能を磨くという事は、人間性を磨く事に他ならないのではないかと思うのです(*^_^*)

このブログの人気の投稿

創作するなら先ずは環境から!

Bloggerブログへの記事の移転設定がほぼ終わりました。

新ブログの立ち上げや独自ドメイン設定は2〜3日で問題なく完了したんだけど、これからどういう創作ブログに育ててて行くのかという所であーでもないこーでもないと手間取ってしまった。

時間的にはプラン8割・行動2割って感じですね(汗)

結局、将来的に創作のジャンルを幅広く扱えるように独自ドメインのメインブログで創作記事を書きながらサブブログで詩や落書きイラスト等の専門ジャンルを扱うようにしました。

これでどの方向にも対応できるからね。

それでなぜ記事をBloggerに独自ドメインを使って移転しようとしたのかという理由については、僕の場合はBloggerを創作メインのブログとして使おうと思っていたので無料で多機能なBloggerの方がメリットが多かったからなんだよね。

▼Bloggerのメリット

①強制広告がない。
②商用利用できる。
③表示が早い。
④独自ドメインが使える。
⑤規制が緩い。

▼Bloggerのデメリット

①コミュニティやコミュニケーション等の横の繋がりが弱い。
②テンプレートが少ない。
③不具合や追加機能等の情報量が少ない。
④サービス終了の可能性がある。

デメリットも結構あるけど創作コンテンツのポートフォリオとして使ったり創作メインに記事を書いて行こうと思っている僕としてはそれを補っても余りあるメリットがスゴく魅力的だった。
これだけのメリットを無料で使えるサービスは他にはないしね(それでも僕が一番恐れるのはGoogleお得意のサービス終了だったりする)。

当初はレンタルサーバーでWordPressも考えていた。
けれどレンタルサーバーとWordPressの組み合わせは結構不具合も多いみたいで管理やセキュリティを全部自分でやらなきゃイケないから創作記事やコンテンツをメインにするならやっぱりBloggerという結論になりました。

創作ブログは創作が命

その環境もやっと完了したのでこれからは創作に集中できると思います。

創作するなら先ずは環境からっていうお話でした。

それではまた。

レスポンシブWebデザインについて!

僕は創作帳ブログにBlogger公式のレスポンシブ対応テーマ(テンプレート)を使用しているんですけど、ちょっと分かりにくい箇所があるので「レスポンシブWebデザイン」について少し説明しておきますね。

レスポンシブWebデザインというのは、ブラウザやPC・タブレット・スマートフォン等の異なる画面サイズに応じてサイト表示を調整し、見やすく最適な表示にするWebデザイン手法の事。

1つのサイト構築で異なるデバイスに合わせた表示ができるので管理がしやすく、PC・タブレット・スマートフォン等のどの端末からアクセスしても最適なサイト表示ができるのでGoogleも推奨しています。

例えば、この創作帳ブログをPCの大型モニターで見るとプロフィールやアーカイブ・リンク集等のメニューがサイドバーに常時表示されますが、タブレットやスマートフォン等の小型ディスプレイで見るとサイドバーは非表示になり上部の三本線のトグル型メニューボタン(ハンバーガーアイコン)をタップする事で表示されます。

でも、ハンバーガーアイコンは目立ちにくかったり、中々気づいてもらえなかったりするんですよね。

ここが少し分かりにくくて残念な所かな・・・

そういう事で、今回はレスポンシブWebデザインについて少し説明書きをさせてもらいました。

僕はこれからもレスポンシブ対応テーマを使って行こうと思っていますので、また仕様変更や不具合があった時は随時ご報告します。

よろしくお願い致します。

自分らしく生きるとは!

人生は選択の連続。
知識や才能があろうがなかろうが選択を迫られる。

誰もがその分岐点で立ち止まり迷いの中また一歩一歩あるき出す。

慌しい日常に流されてふと立ち止まった時
あの時、左の道ではなく右の道を選べばもっと違う人生になっていたんじゃないか?
あの選択は本当に正しかったのか?
一瞬、頭の中を過る。

けれど、それがその時その時自分の出した精一杯の答えなら僕は正しかったと信じたい。

人も動物だから同じ価値観、同じ思考の人間は多少の違いはあれど同じパターンを繰り返す。
どちらの道を選んでも結局その先のどこかで繋がっているような気がする。

それより何より、世間の常識や意見に惑わされず自分で決めた事ならその先で待っている結果がどうであれ自分自身が納得できる。
素直に受け入れられるんだ。

小さな選択が集まった土台の上に今僕らは立っている

自分らしく生きるとはそういう事ではないかと思うのです。