令和の時代が始まった!

2019年5月1日。
元号が平成から令和に変わり、日本中が祝賀ムードに包まれている。

この年明けの雰囲気にも似た日本人の感覚は、一体どこからやって来るんだろう?

そもそも国というものは、世界が国として認知しなければ国としては存在しない。
あなたの国は日本ですよと世界から認められて、初めて日本という国が誕生する。

その日本の誕生から現在にかけての歴史に皇室はずっと寄り添ってきた。
つまり、皇室は日本の歴史そのものなんだよ。

時の権力者が、どれだけの力を持っていたとしても、歴史にはなれなかった。

もしかすると皇室というのは、日本人が日本人としてのルーツを確認できる唯一の存在なのかも知れない。

日本人としてのルーツを辿る事は、これからの日本を考える上でとても大切な事だと思う。

そんな事をふと思いながら、令和の時代が始まった。

このブログの人気の投稿

モチベーションを制するものは、創作を制する!

「創作帳」ブログを始めました!

創作するなら、先ずは環境から!