コラムとエッセイと雑記の違いについて考えてみた!

創作帳のカテゴリーを考えていたんだけども、ネット上ではコラムとエッセイと雑記がほぼ同じ用途で使われていて、違いについてもそれぞれの説があってかなり食い違っている。

そこで、僕なりにコラムとエッセイと雑記の意味の違いについて考えてみた。

基本的な意味をまとめると

①コラムは、一般的なテーマに対して、個人的な分析や意見をまとめた物。
②エッセイは、個人的なテーマに対して、体験談や意見をまとめた物。
③雑記は、色々な事を書きつけた物。

一般的には以上のような意味になる。

もう少し詳しく解説すると

①コラムは、世の中で起こった出来事に対して、客観的な視点で分析し意見をまとめた物。
②エッセイは、自分の身近で起こった出来事に対して、主観的な視点で感じた事や意見をまとめた物。
③雑記は、一貫性・秩序性に拘らず、特定のテーマや用途を決めずに自由に感じた事や思った事を書きつけた物。
メモ・備忘録・覚え書きのような物。

以上のような意味になるのではないかと思います。

一言で言うと、「コラムは世の中視点」、「エッセイは自分視点」、「雑記は自由視点」。

そう覚えておくと、記事を悩まずスムーズに書けるかも知れませんね。

僕も創作帳のカテゴリーをこの分類で分ける事にしたんですけど、もう一つブログやサイトで重要なカテゴリー、創作帳を創作帳たらしめている「創作・創造」のカテゴリーも付け加えました。

ブログやサイトでメインにしているテーマをカテゴリーに追加すると、読者やフォロワーにも分かりやすいですよね。

ただ、あまり沢山カテゴリー分けすると煩雑になるので、通常は5つぐらいが適正のような気がします。

これから、ブログやサイトを運営される方の参考にされて下さいね。

このブログの人気の投稿

モチベーションを制するものは、創作を制する!

「創作帳」ブログを始めました!

創作するなら、先ずは環境から!