エッセイを読むという事!

今日は、一日中他人のエッセイを読んでいた。

ブログを運営していると、どうしても書く事がメインになってしまって読む事が疎かになってしまう。

それで、久しぶりにじっくりエッセイを読む事にした訳だ。

おすすめ記事や人気記事、新規の記事まで沢山のエッセイを読んでみたんだけれども、それぞれがそれぞれの記憶の断片と断片を繋ぎ合わせて、人生の中のワンシーンをそこに綴っていた。

誰かの為だとか、自己主張だとかそういうものではなくて、ただ純粋に今の気持ちを書き綴る。

初夏の陽気のようなほんわりとした柔らかな日差しと優しい風がそこから伝わってくる。

もちろんエッセイだから文章を綴っているんだけれども、文章以上の文章を感じるのは、創作にも似たような感覚がエッセイにもあるからなんだろうと思う。

誰かが書いたエッセイという名の心と僕の中の心が絡み合って創り出された感覚・・・

たまには、こうして誰かの心を綴ったエッセイを読むのも悪くない。

このブログの人気の投稿

「創作帳」ブログを始めました!

モチベーションを制するものは、創作を制する!

創作するなら、先ずは環境から!