SNSとブログの正しい使い方ついて考えてみた!

よくSNSを観察していると分かるんだけれども、SNSのフォロワー数やいいね数はブログの投稿記事や創作作品の善し悪しには比例していなかったりする。

フォロワー数やいいね数はあくまで反応の数字であって、記事の善し悪しとは全く別物。

それを素晴らしい評価を受けていると勘違いして実際には自己満足になってしまっているケースが多いような気がする・・・

そこで今回、僕はそれを確認する為にSNSはコミュニケーション、ブログはコラム・エッセイ記事や創作作品のストック・ポートフォリオとして完全に分けて観察する事にした。

その結果、SNSはアクションを起こせば起こす程コミュニケーションが活発になって賑わうが、ブログのコラム・エッセイ記事や創作作品にはあまり影響がなく、ブログはブログ単体で安定して伸びていた。

つまり、SNSとブログは全く別物でSNSの評価がブログのコラム・エッセイ記事や創作作品の善し悪しの判断材料にはならないと言う事が分かった。

その事を踏まえてSNSとブログの使い分けを考えると、基本的にSNSはコミュニケーションのネタとしてブログ記事を使い、一時的な拡散はあるにしてもブログは記事の紹介としてSNSを使うのがベストではないかと思う。

現実以上に自分を大きく見せてくれるSNS。
数字の持つ魔力に取り憑かれてしまうと実体が見えなくなる。

それは、現実社会のお金も同じではないかと思うのです。

このブログの人気の投稿

「創作帳」ブログを始めました!

モチベーションを制するものは、創作を制する!

創作するなら、先ずは環境から!